2010年07月31日

「パラボリックのススメ」と「1Mスキャルのススメ」 口コミ


詳細はこちらをクリック


FXで負ける人に典型的な2つのパターン


FXで勝てない人には、やはり、その理由があります。テクニカルなど、FXトレードに必要な知識を一通り身につけても、必ずと言っていいほどぶち当たる壁があるんですね。


この壁を突き破った人は勝ち組へと進むことができますが、大多数の人は壁を突き破れずにもがき苦しんでいます。


数多くの投資教材を購入したり、さまざまなトレード方法を試してみたけれど勝てない!と言う人は、根本的な「考え方」が間違っている可能性が高いです。


「もしかしたら、自分もそうかも・・・」と少しでも思うのであれば、一旦全てのトレードをストップして、よくよく確認してみた方がよいかもしれません。


いま、「パラボリックのススメ」と「1Mスキャルのススメ」という教材で、何が間違っているのか、そして、解決するにはどうしたらよいのかを知ることができます。


例えば、次のような点をチェックしてみてください。


● テクニカル・サイン

テクニカルの同じサインでも、サインが出るたびにチャンスの度合い(有効度)が異なることを知っていますか?同じ上昇トレンドの最中でも、その都度、チャンスの度合いが異なるので、それを踏まえてトレードを行わないと負けてしまいます。

● 節目の価格

節目と呼ばれる価格帯はサポートやレジスタンスとして働きます。その価格帯で跳ね返されることを狙ってエントリーしたり、その価格帯をブレイクしたら新たなトレンドと考えてエントリーするなどがセオリーとなっています。しかし、その通りにトレードを行っても負け続けていたりしませんか?


これらの点にピンと来たら、「パラボリックのススメ」と「1Mスキャルのススメ」はきっと役に立つでしょう。


この教材の著者は柳園武彦さんとおっしゃる方で、数千件のトレード相談を受けた経験から、FXで勝てない人の壁となっている典型的なパターンをよく把握しているのです。


勝ち組の人のトレード手法を機械的に真似しても勝てるようにならない、と柳園さんは言います。大事なのは、「勝ち組の考え方を学ぶこと」だと。


「考え方を学ぶこと」は一見遠回りに見えて、実は「FXの勝ち組」への近道なのです。


詳細はこちらをクリック




柳園武彦さんの「パラボリックのススメ」と「1Mスキャルのススメ」のレビュー、口コミ、感想などの情報を公開しています。FXで壁に突き当たっている人が勝てるようになる「考え方」を伝授します。




LAVAS FXセブンストラテジー レビュー


2WayアンドロイドFX 林祐一 口コミ


LAVAS「株式トレード セクターサイクロン」 口コミ


posted by Rigel at 16:57| パラボリック&1Mスキャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。